PowerGres Plus on Linux Install Tips

・必要な Disk 容量(初期インストール)
/usr/local 以下 135MB
Data 領域 180MB
バックアップ領域 570MB
・セットアップアプリケーション(pgx_setup)は、java の GUI アプリケーションなので、日本語表示をする場合(LANG=ja_JP.eucJP)は、日本語フォントをチェックしておく。
 xfontsel を実行し fndry で wadalab, watanabe があるかどうかチェック。
 無ければ、日本語表示されないのでしかるべき設定をする。
(XF86Config の FontPath を追加する、Load で xtt を追加、freetype をコメントアウト等)
・バイナリファイルのインストール


  • root ユーザでCDROM にある、install.sh を実行し、バイナリファイルをインストール。
    (実体は、複数のRPMパッケージのインストール)
    # cd /mnt/cdrom
    # ./install.sh

・セットアップ前準備


  1.  インスタンス管理者用ユーザ、グループを作成

    # groupadd postgres
    # useradd -g postgres postgres

  2. データベース用ディレクトリ、バックアップ用ディレクトリを作成、
      例 
      # mkdir -p /PlusData/data1
    # mkdir -p /PlusBackup/data1
    * 通常の postgresql では、データファイルは、インストールディレクトリの中に
     作られるが、plus では、別ディレクトリとなる。
    * ディレクトリ “data1″ は、1インスタンスに対応。
     2つ目のインスタンスでは、”data2” 等の別ディレクトリを作成して使用。

  3. データベース用ディレクトリ、バックアップ用ディレクトリをインスタンス管理者のみが参照/書き込み可能に変更
      例
      chown postgres:postgres /PlusData/data1 /PlusBackup/data1
      chmod 700 /PlusData/data1 /PlusBackup/data1

  4.  インスタンス管理者用ユーザの環境変数(PATH, MANPATH, PGDATA)の設定。環境変数(LANG)の確認。
     例
    PGHOME=/usr/local/pgsqlplus
     PATH=$PGHOME/bin:$PATH
     MANPATH=$PGHOME/man:$MANPATH
    PGDATA=/PlusData/data1
    PGLIB=$PGHOME/lib
    export PGHOME PATH MANPATH PGDATA PGLIB
    echo $LANG
    ja_JP.eucJP か C なら OK.

・PostgreSQL Plus Setup (X-Window で実行される GUI Tool)の実行


  1. インスタンス管理者用ユーザでログイン

  2. セットアッププログラムの実行
    $ /usrlocal/pgsqlplus/bin/pgx_setup
    * 実行ログは、/tmp/pgxsetup_pgsql.log に出力

  3. 以下の項目を入力
     インスタンス名
     データディレクトリ
     バックアップディレクトリ
     インスタンス管理者用ユーザ(OS)
     パスワード(OS)
    詳細ボタンで以下の項目を設定可能
     テンポラリログのサイズ (default 50MB)
     アーカイブログのサイズ (default 500MB)

  4. 次のページでインスタンスのオプションを設定
     チューニング
      同時にインスタンスに接続できるアプリケーションの最大数 (default 32多重)
      データベースバッファ (default 124MB)
      ポート番号 (default 5432)
     文字コード
      データベースで使用する文字コード (default EUC_JP)

  5. 次のページの[実行]でデータベースの初期化開始
    (内部的には、以下のコマンドを実行)
    pgx_initdb -D /PlusData/data1 -U pgsql -E EUC_JP -L /usr/local/pgsqlplus/share/pgx_setup –lc-collate=C –lc-ctype=C –lc-monetary=C –lc-numeric=C –lc-time=C –tlfbisize=50 –tlftentnum=64
    postgres -D /PlusData/data1 template1 < /tmp/setup1073321556817
    ln -s /PlusBackup/data1 /PlusData/data1/backupdir
    pgx_arclog create -D /PlusData/data1 /PlusBackup/data1/arclog010 50M
    pgx_arclog add -D /PlusData/data1 /PlusBackup/data1/arclog001

    pgx_arclog add -D /PlusData/data1 /PlusBackup/data1/arclog009
    /usr/local/pgsqlplus/package/pgxadmin/bin/makeHtml.sh –pgdata /PlusData/data1 –prefix /usr/local/pgsqlplus –lang JP –instancename=data1 /usr/local/pgsqlplu
    s/package/pgxadmin/webapps/admin/data1.html
    /usr/local/pgsqlplus/package/pgxadmin/bin/makeHtml.sh –pgdata /PlusData/data1 –prefix /usr/local/pgsqlplus –lang EN –instancename=data1 /usr/local/pgsqlplu
    s/package/pgxadmin/webapps/admin/data1_en.html
    pgx_ctl start
    pgx_dmpall CNT = 0
    pgx_ctl stop
    * データベースの初期化時から、pgx_setup が終了するまでの間に、/tmp に setup1073321556817 といったファイルが作成される。
    このファイルの中に、データベース管理者ユーザのユーザ名パスワードが入っている。pgx_setup が終了した時点で消去される。

  6. セットアップ完了